カメラだけは立派(苦笑)
by チエすけ。
* お知らせ *
初めての方は、まずこちらからご覧頂ければ幸いです。
当ブログのコメントとトラックバックは認証制ですので、すぐには反映されません。
不適切なコメントやトラックバックは認証せずに削除することがあります。
重い(画像が表示されない)時はリロードするか時間を置いてお越し下さい。(公式
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
* 転載禁止 *
このブログに掲載されている写真や画像の無断使用を禁止します。(動画は無断使用可能です)
* 検索 *
* ブログジャンル *
* 画像一覧 *
* 記事ランキング *
* 最新の記事 *
下調べは大事。
at 2017-02-15 17:18
阿為神社の中の他の神社。
at 2017-02-15 16:57
阿為神社の中の稲荷神社。
at 2017-02-15 16:51
阿為神社。
at 2017-02-15 16:48
安威の忠魂碑。
at 2017-02-15 16:36
解読不能な石碑。
at 2017-02-15 16:32
古墳リベンジ。
at 2017-02-15 16:10
太田神社・其の参。
at 2017-02-15 15:50
太田神社・其の弐。
at 2017-02-15 15:47
太田神社・其の壱。
at 2017-02-15 15:45
天石門別神社。
at 2017-01-09 16:08
お口パクパク。
at 2017-01-07 15:41
多分、梅。
at 2017-01-07 15:39
森の中の鳥居の奥。
at 2017-01-07 15:33
川端康成氏の旧跡。
at 2017-01-07 15:15
通りすがりの春日神社。
at 2016-08-30 15:26
ちょっとシュール。
at 2016-08-16 18:10
脇と背中。
at 2016-08-16 17:30
オーラ?!
at 2016-08-16 17:26
再度、正面から。
at 2016-08-16 17:22
* カテゴリ *
* タグ *
* 以前の記事 *
* 最新のコメント *
* 最新のトラックバック *
遠景試し撮り。
from Scenario ed il..
いよいよ後厄。
from 関西風味おべでれや~!
今年は本厄。
from 【関西風味】おべでれや~!
紫陽花。
from Scenario ed il..
フラ~ッと。
from 関西風味・おべでれや~!
○○となります。
from Scenario ed il..
ちょっぴりシュール。
from Scenario ed il..
ぬこ。
from Scenario ed il..
お披露目☆
from 関西風味・おべでれや~!
お披露目☆
from 関西風味・おべでれや~!
* リンク *
もう1つ鳥居があることが分かったんで、それを撮ってから帰ることにした。

c0212783_06125943.jpgc0212783_06130343.jpg
ちゃんと下調べもせんと、スマホの地図のナビに任せた結果、
こういうことになったんよねぇ(´・ω・`)
※画像をクリックしたら元の大きさで見れます。


c0212783_06210975.jpgc0212783_06215588.jpg
社務所の横に記念碑があったんで、それも撮って来た。
※画像をクリックしたら元の大きさで見れます。


c0212783_06230237.jpg
皇紀って何ぞ?と思って調べてみたら、

神武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)または神武紀元は、
『日本書紀』の記述をもとに設定された日本の紀年法である。(神武天皇即位紀元

何のこっちゃ?と思って更に皇紀2600年で調べてみたところ、

皇紀とは、明治政府が定めた日本独自の紀元(きげん=歴史上の年数を数える出発点となる年。紀年法)で、
1872(明治5)年に明治政府が、神武(じんむ)天皇が即位した年を、
記紀(古事記と日本書紀)の記載から西暦紀元前660年と決め、その年を皇紀元年とした。

1940年(昭和15年)は皇紀2600年に当たるとして,
橿原神宮・神武天皇陵の整備や奉祝の行事が行われたが、
日中戦争の戦時下であり、国民の生活は苦しくなりかけていた。
翌年12月8日に太平洋戦争(大東亜戦争)開戦となった。(皇紀2600年

分かったような分からんような( ̄- ̄;)
つまり、昭和15年に記念碑を建てた(?)わけやね。
もしかしたら、『 念碑 』やなくて、『 念碑 』なんかな?
達筆すぎて分からん(苦笑)


c0212783_06365760.jpg
本来なら、ここから行くべきよね。


c0212783_06374266.jpg
そしたら、境内図もすぐに目に入ったのにね(苦笑)


c0212783_06384406.jpg
次に行く時はこっちから行くわ~
階段がツラそうやけど(苦笑)


撮影場所 : 茨木市安威(阿為神社
撮影日時 : 2017年2月15日17時分頃半頃前過ぎ

[PR]
阿為神社の中の稲荷神社に行った時に気付いたんやけど、
どうも、ここの敷地内には幾つかの神社があるっぽい。

c0212783_05225695.jpgc0212783_05230174.jpg
名前が分からん神社もあった。
近くまで行けば分かったかも知れんけど。
※画像をクリックしたら元の大きさで見れます。


c0212783_05232013.jpg
阿為神社の拝殿と本殿を左手に見ながら、山道を歩く。
薄暗くなってきて写真がブレまくり(ノ∀`)


c0212783_05301542.jpgc0212783_05303205.jpg
これは再度、撮りに行って調べなアカンな~
そんで、もうちょっと早い時間に行くようにしよう。
※画像をクリックしたら元の大きさで見れます。


c0212783_05320852.jpg
ようやく山から下りて来た。
遠めにはこれも小さい神社かな?と思ってたら違った。


c0212783_05335732.jpg
c0212783_05340170.jpg
c0212783_05340409.jpg
こんなにもたくさんの神社があるなんて思ってなくて、
心底、阿為神社を侮ってました、ごめんなさい(苦笑)


c0212783_05453592.jpg
一通り見終わって(撮り終わって)から、この境内図に気付いた(;´д`)
ウチはこういうのを見落とす天才かも知れん(苦笑)←開き直り。


近いうちに行ってみようっと♪って書いて3年半が経過し、
改めて阿為神社の御旅所のことを思い出した。
で、御旅所があるぐらいに立派(?)な神社なんや!と勝手に納得。
改めて、近いうちに行くわ。いや、マジで(苦笑)


撮影場所 : 茨木市安威(阿為神社
撮影日時 : 2017年2月15日17時前

[PR]
次は坂道を歩いてる時に見えてた鳥居がある方へ行ってみる。
まぁ、行かずとも、お稲荷さんて分かるよね。

c0212783_16411446.jpg
階段を上るのか(´へ`;)ウヘア


c0212783_16411815.jpg
ふと、切断された朱塗りの鳥居の残骸が見えた。

この建物(阿為神社の拝殿の右)を社務所やと思ってたけど、
実は御輿庫(=神輿庫かな?)やった。(書いてる段階で分かった)
最初に見えた、忠魂碑の後ろの建物こそが社務所やと判明。
写真の編集時や記事を書いてる段階で気付くことって結構あるんやけど、
ウチの観察力に問題が有るんやないか?って気がしてきた(´・ω・`)



c0212783_16412472.jpg
鳥居の土台だけが残ってる箇所もある。


c0212783_16413051.jpg
階段イヤ~とか言うてんと、サクッと行くかー!(苦笑)


c0212783_16413386.jpg
朽ち果てた朱塗りの鳥居やったものが落ちてた。
自然には逆らえんのやね…

ちなみに伏見稲荷大社の鳥居の耐久年数は4~5年で、朽ち果てたら新しいのを設置するとか。
なんぼ防腐剤代わりの朱(水銀)で塗ってるとは言え中身は木やしね。
そら、自然と共に劣化していくわなー。



c0212783_16413844.jpg
着いたぁ(;´д`)


c0212783_16414173.jpg
最後の鳥居は朱塗りではなく、石(コンクリ?)の鳥居やった。


c0212783_16414762.jpg
神額も石(コンクリ?)。


c0212783_16415271.jpg
こじんまりとしてても、しっかりした造りなんやろね。
何ちゅーたかて、神様が居たはるとこやし。


c0212783_17264928.jpg
電球と笠が昭和やねぇ(笑)


c0212783_16415619.jpg
インドや中国から来ました!な感じがするデザインやね。


c0212783_02214152.jpg
梁にデザインされてる動物は何やろか?と思って色々調べてみたら、
この部分は『 木鼻 』と呼ばれてて、様々な想像上、
架空上の動物が彫られている。(獅子や龍など)
で、ここのは象か猪かな?と思ってたけど『 獏 』やないかと思う。


撮影場所 : 茨木市安威(阿為神社、稲荷神社)
撮影日時 : 2017年2月15日17時前

[PR]
上がった息を整えつつ、まずは拝殿を撮影。

c0212783_16403606.jpg
お参り前に手水を済ませたのはエェけど、手水場の写真を撮るのを忘れた(ノ∀`)


c0212783_16404955.jpg
お参り後に狛犬を撮影。
ここの狛犬は今までに見たことのないタイプやわ。


c0212783_16405523.jpg色々と行事があるみたいやけど、
3月以降の予定は更新されるんかな?
※画像をクリックしたら元の大きさで見れます。

阿為神社の他にも色々あるみたいなんで、
反時計回りに行ってみることにした。

c0212783_16405957.jpg
これは大年神社。
年神(としがみ)を祀ってるらしい。


c0212783_16410499.jpg
これは菅原神社。
言わずもがな、菅原道真公が祀られてる。

余談やけど、菅原神社、天満宮、天神宮、どれも菅原道真公が祀られてる。
もともとは「天神(雷神)信仰」に菅原道真公が後から結びついた神社らしい。


撮影場所 : 茨木市安威(阿為神社
撮影日時 : 2017年2月15日17時前

[PR]
さて、それでは、阿為神社に行ってみましょか。

c0212783_01291700.jpg
思いの外、立派で大きな鳥居でビックリした。
勝手に『 たいしたことない神社 』やと思ってたから(ノ∀`)


c0212783_14055647.jpg
必ずではないけど、ちょくちょく見かけるコレ、
してはいけないことを3つぐらい書かれてるやつ。


c0212783_14463826.jpg太田茶臼山古墳にもあったコレ。
調べてみたらこれは『 高札(こうさつ・たかふだ) 』と言うらしい。
特定の相手や事柄を対象としたものが『 制札(せいさつ) 』。
でも、実際は厳密に区別されていたとは言い難かったらしい。
(詳しくは→高札をご覧下さい)


c0212783_14060059.jpg
注連縄の掛け方?渡し方?が他とはちょっと違う感じ。


c0212783_14060529.jpg
神額は胴かな?


c0212783_14060982.jpg
この坂道…電動チャリで登るべきか…
いや、でも、チャリも車の一種やろうから、乗り入れはアカンよね…
しゃーないから、歩いて行こう(;´д`)←歩くの嫌い(苦笑)
見えてる建物が社務所やと思って、まずはそこを目指して行くことにした。


c0212783_14061347.jpg
行ってみたけど社務所やないと思い込んでガッカリした(;´д`)
↑でも実は社務所で、勝手に勘違いしただけ(苦笑)


c0212783_14061792.jpg
『 陸軍大将従三位勲一等功二級男爵土屋光春 』という人が書いたものっぽい。
で、調べて見たら、明治~大正時代の陸軍軍人やったみたい。
(詳しくは→土屋光春をご覧下さい)
あと、日露戦争戦死者芳名と支那事変並びに大東亜戦争戦死者芳名が刻まれてるらしい。
(詳しくは→大阪 茨木市「阿為神社」の『忠魂碑』参拝をご覧下さい)


c0212783_14062241.jpg
目指してた場所が神社やなかったんで、今度こそ神社目指して坂道を歩く。
あえて写真は撮ってないけど、右手の木々の隙間から朱塗りの鳥居が見えた。


c0212783_14062613.jpg
着いた~!(;´д`)
後から分かったことやけど、阿為神社への経路は2つあって、もう1つは階段やった。
それなら坂道の方がまだマシ(苦笑)


撮影場所 : 茨木市安威(阿為神社
撮影日時 : 2017年2月15日16時半頃

[PR]